...loading

売れるネットショップ開業のコツ

EC(ネットショップ)をいまからはじめる

2022年現在、ネットショップサービス(ショッピングカートASPやショッピングモールなど)の充実により、だれでも簡単に自分のネットショップを持てるようになりました。

かんたんに開業できるようになった一方、事前準備なくはじめてしてしまうと、数あるネットショップの中に埋もれてしまいます。

ネットショップの開業したのち軌道に乗せるためには、事前に「開業のコツ」を知り、しっかりと準備を整えておくことが大切です。

今回の記事では、売れるネットショップ開業のコツと、開業後も成功し続けるためのコツを紹介します。

編集者

JPholic株式会社 ECNOW 編集部

ECNOWはJPholic株式会社が運営する、 ネットショップ情報メディアです。
30社を超えるECコンサルティング実績や自社ECの運営経験をもとに、 「これからECをはじめる」「ECをいまよりもっと活用したい」という声にお応えします。

売れるネットショップ開業のコツ5つ

売れるネットショップ開業のコツ

まずは売れるネットショップを作るために、開業時に覚えておきたいコツを紹介します。

現在、ネットショップを作るのに、特別な知識は必要ありません。ただ少しのコツを知るだけでほかのショップと差別化し、売上をあげられます。

コツ1:ショップのコンセプトを明確にする

ショップのコンセプトを明確にする大切さは、実店舗もネットショップも同じです。

  • ターゲットはどんな人か(WHO)
  • どんな商品でどんな価値(ベネフィット)を届けるのか(WHAT)
  • どうやって伝えるのか(HOW)

「誰に(WHO)」「何を(WHAT)」「どのように(HOW)」の3つの項目を明確にすることで、迷いなくコンセプトを作ることができます。

ネットショップにおけるコンセプトは、ショップの運営方針の軸となる部分です。コンセプトにもとづきサイトのメッセージやデザインを決めていきます。

コツ2:自分のショップにあった出店方法を決める

お店のコンセプトが決まったら、お店に合うネットショップサービスを探します。ネットショップサービスには、ショッピングモール型やショッピングカートASP型の2つに大別されます。

どのようなネットショップサービスが合うのかは、お店の予算や規模感で判断すると良いでしょう。

費用は初期費用や月額料、決済手数料などいくつかの種類があります。どのような費用が必要なのかを確認しながら検討しましょう。

「どのような機能を搭載しているか」という視点も大切です。将来的に必要になりそうな機能も加味して利用するサービスを選びましょう。

ASP型のサービスである「MakeShop(メイクショップ)」は、販売手数料0円でランニングコストを抑えたネットショップを運営できます。

デザインテンプレートは全種類無料。651個の機能の中から自分のお店に合ったものを選びカスタマイズできます。

デザイン性を重視した独自性のあるネットショップを作りたい人におすすめのネットショップサービスです。

コツ3:決済と配送方法に注意する

決済システムと配送システムは、顧客満足度を左右する重要な項目です。たとえお客様が商品には満足していても、決済や配送に不満があると顧客満足度が低下し、リピーターにはなってくれません。

クレジットカード決済や代引き決済、コンビニ決済など様々な決済方法がありますが、導入できる種類は各ネットショップサービスごとに異なります。最低でも、クレジットカード決済と銀行振り込みは備えておきたいです。

導入する決済方法の選び方は、ずばり「決済方法を想定する自社ECサイトのターゲットの要望に合わせる」ことです。

ターゲットが若い層や都会に住む人の場合は、クレジットカード決済のほかにも、キャリア決済や電子マネー決済が好まれます。一方、ご年配の方や地方に住む人をターゲットにしている場合は、銀行振り込みや後払い制度が好まれます。

配送方法は、以下4つのポイントをふまえて選びましょう。

  1. 配送料金で選ぶ
  2. ユーザーに人気のある方法を選ぶ
  3. 商品ジャンルにあった方法を選ぶ
  4. 追跡・保証内容で選ぶ

特に「2. ユーザーに人気のある方法を選ぶ」は見落とせないポイントです!

ネットショップのお客様のなかには「配送料料金が安ければ良い」と考える層ばかりでなく、「細かい時間帯指定の可否」や「再配達依頼の簡易さ」「コンビニで受領が可能か」など利便性を優先する層も少なくないからです。

同時に「安心して配送をお願いできるか」「配送業者の評価は良いか」といった点も、お客様が気にされるポイントです。

同業種の人たちがどの配送方法を利用しているのかを調べてみるのも参考になります。

コツ4:集客方法を工夫する

立ち上げたばかりのECサイトの集客は非常に大変です。どうやって認知してもらい、来客してもらうか。最初から集客力のあるECサイトなどありえません。

新たなECサイトへ集客を行うためには、様々ある集客方法から自社ECサイトに適したものを選ぶ(組み合わせる)必要があります。なぜならECサイトの商品やサービスの特徴およびターゲット層と集客施策には相性があるからです。

主な集客方法としては、検索エンジン、インターネット広告、SNS、メールマガジン、アフェリエイトなどが挙げられます。それぞれの集客経路の特徴をつかみ戦略を立て、集客できるECサイト運営を行いましょう。

コツ5:商品の登録を工夫する

商品の登録は、ネットショップを制作する工程の中で最も手間のかかる作業です。なかでも「商品ページ」と「商品写真」の品質は、CVR(コンバージョンレート)を左右し、結果として売上に直結する要素です。

「商品ページ作り」と「商品写真撮影」のヒントとなる記事も公開しているので、ぜひご覧ください。

売れるネットショップ、開業後の運営のコツ

売れるネットショップ、開業後の運営のコツ

ネットショップは、開業させただけでは売上はあがりません。開業後にどのような運営をするかで売上が左右します。

この項では、売れるネットショップを作るための、開業後の運営のコツを紹介します。

集客のコツ

個人でネットショップを開業した場合、集客はとても大切です。特にASP型ショッピングカートでは、集客機能が少ないので、自分で集客をする必要があります。

SEO

SEOとは、ユーザーが検索したときに、検索画面の上位にサイトが表示されるようにページを最適化することです。ネットショップで簡単にできるSEOを2つ紹介します。

ひとつは、商品のタイトルにユーザーが検索しそうなキーワードを盛り込むことです。顧客がどんなキーワードで自分の商品を見つけてくれたのかを考えてみると、必然的にキーワードが見えてくるでしょう。

もうひとつは、サイト内にサイトマップを設定することです。サイトマップを作成すると、検索順位が上がりやすくなります。サイトマップの作成機能は、ネットショップサービスの中に搭載されていることも多いので確認してみましょう。

SNSを使う

集客に有効なSNSは、Instagram、Facebook、LINEが代表的です。SNSは、普段の生活で使っている人も多く、集客するのにも扱いやすい媒体だといえます。

Instagram、Facebookでよく使われる方法は、投稿ページで商品を紹介する方法です。あらかじめアカウントを連携しておけば、ユーザーはかんたんにネットショップのページを見ることができます。

不特定多数の人に対してアプローチできるので、新規顧客を集めるのにおすすめです。

LINEは、登録してくれたユーザーに対して、メルマガのように発信をする方法や、問い合わせ窓口として使う方法があります。登録者特典としてクーポンなどを配布している旨などを紹介し、登録者を増やしていく方法が有効です。

広告を打つ

ネットショップの広告には、リスティング広告とリターゲティング広告の2種類の広告があります。中でもぜひ試してほしいのは、リスティング広告とリターゲティング広告、そしてショッピング広告です。

Googleショッピング広告は、商品の画像や価格を表示させられる広告で、購買意欲の高いユーザーを誘導します。リスティング広告よりも上に表示されるほか、商品画像で視覚的に伝えられるため、より効果的に訴求ができます。

リスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードに応じて、検索結果の有料広告の枠に表示させる広告です。ユーザーがクリックした時点で料金が発生するため、少ない予算でも打てる広告です。

リターゲティング広告は、過去に自分のネットショップを訪れた人の行動を追跡し、ほかのサイトの広告枠に商品を表示させます。表示させるタイミングにより、ユーザーの購買意欲を高める効果があります。

サイト内離脱を防ぐ工夫をする

サイト内離脱とは、サイトに訪問したユーザーが購入せずに途中で離脱してしまうことです。サイト内離脱は、少しの改善で大幅に防ぐことが可能です。

  • 買い物ボタンの大きさや色を目立つものにする。
  • 決済ページに看板画像を表示させ、店舗のテイストを維持する
  • 決済ページのフォントを大きめにして目立たせる

ユーザーが購入するまでの動線をはっきり示すと、ストレスがなくなり、購入されやすくなります。ユーザーが途中で不安にならないよう、トップページから決済ページまでのテイストを統一して、わかりやすいネットショップを作るのがポイントです。

購入してもらうためのコツ

商品を購入してもらうためには、商品に対してだけではなく、ネットショップ全体を整えるようなイメージでサイトを改善していきます。具体的に、どの部分を注意するのかを見ていきましょう。

安心感をもってもらうための情報を記載

ネットショップは、少しでも不安なところがあると購入してもらえません。そのため、できるだけ安心感を与えることが大切です。

有効な方法はいくつかあります。

  • トップページの目立つところに電話番号を記載する
  • 生産者や販売者の顔写真を載せる
  • 利用ガイドを載せる
  • 決済方法や商品の発送、返品について明確に表示する
  • クレジットカード決済、銀行振り込みと合わせて、後払い決済を導入する

手間がかかりますが、どれも購入率を上げるために有効な方法です。できるものから実践してみましょう。

迅速なレスポンス

ユーザーからの問い合わせがあったときに、レスポンスが遅れると購入率が下がってしまいます。ネットショップサービスの中にチャットサービスがある場合は、導入を考えてみましょう。

商品情報の記載

ネットショップを訪れたユーザーの中で、サイト内離脱をする原因として多くあげられるのは、目的の商品を見つけられない点です。そのため、商品をカテゴリー別に分類したり、タグ付け機能がある場合は使用したりして、目的の商品を見つけやすいサイト設計を心がけましょう。

商品情報の記載も重要です。写真や説明文など、実物が見れないユーザーにも伝わるようにするのがポイントです。

決済方法の充実

決済方法は、前の項で紹介したとおり、最低限でもクレジットカードと銀行振り込みを設定しましょう。

ユーザーの中には、はじめて買い物をするネットショップへ個人情報を教えたくないと考える人もいます。このようなユーザーのチャンスロスを防ぐために、後払い制度やオンライン決済サービスを追加できるようなら、追加コストがかかっても導入することをおすすめします。

カゴ落ち対策

カゴ落ちは、ユーザーが買い物カゴに商品を入れたまま、購入せずに終わる現象です。カゴ落ちは、購入の意欲がなくなっただけでなく、カートへの入れ忘れから発生する場合もあります。

カゴ落ちしている人にお知らせメールを配信すると、サイトに戻ってきて購入してくれる人もいます。メルマガ配信機能がある場合には、ぜひためしてみましょう。

リピーターを獲得するコツ

ユーザーに一度購入してもい、さらにリピーターになってもらうためには、施策が必要です。ネットショップは顧客の顔が見えない分、積極的に注文者と接点を作っていきましょう。

メール配信

メール配信は、さまざまな種類が考えられます。最も気楽にできるのはお礼のメールです。感謝の気持ちを伝えるのと合わせて、商品の感想を聞く文言を追加すると、顧客のと接点を持つきっかけになるかもしれません。

「商品はどうでしたか?」「ご意見・ご要望はありますか?」など、ネットショップのテイストを意識しながら、柔らかい言葉で意見を聞いてみましょう。

ほかにも、メルマガを配信してリピーターを獲得する方法もあります。メルマガの内容は、セール情報や、新商品のお知らせなど、受け取った人がお得に感じるような、読者限定の情報にすることがポイントです。

ブログ

先の項で紹介したSNSではもちろん、ブログでもリピーターの獲得を狙えます。

ブログは、自分のお店のファンになってもらうような気持ちで作成します。商品の詳細や秘話、お店誕生までのストーリーなど、ネットショップの商品ページに載せられないような内容がおすすめです。

お店のことや商品の思いを紹介すると、目にした人の中には、このショップで買い物がしたいという気持ちになる人もいるでしょう。

ブログは、ネットショップサービスの機能の中に含まれていれば、同じドメインで作成できて集客しやすくなります。ブログサービスがない場合でも、WordPressなどの外部のプラットフォームを使い、かんたんに作成できます。

ネットショップを分析するコツ

最後に、ネットショップを分析するコツについて紹介します。分析作業は、数字を扱う作業なので、苦手意識のある方も多いかもしれません。

しかし、一度覚えてしまえば、かんたんな作業でネットショップをデータ分析できて、売上をあげるのに役立ちます。ぜひ挑戦してみてください。

Google Analytics

Google Analyticsは、Googleが無料で提供する解析ツールで、多くの企業でも導入されています。

Google Analyticsは、

  • どのページが良く見られているか
  • どの時間帯にどのくらいアクセスされたか
  • 売上がいくらか

など、さまざまな観点から分析したデータを見られます。その結果から、どのページの反応が良いのか、どの商品がよく見られているのかなど、ネットショップの改善点だけでなく、商品に対する反応もわかります。

ネットショップで重要な3大指数

ネットショップで重要な3大指数として、アクセス数、購入率、客単価があげられます。ネットショップの売上は、この3つの指数を掛け算すると算出できます。

売上 = アクセス数 ✕ 購入率 ✕ 客単価

たとえば、売上が同じ10万円でも、販売している商品の価格帯が異なると注視するべき点も異なります。

  1. アクセス数(200) ✕ 購入率(1%) ✕ 客単価(5000円)
  2. アクセス数(1000) ✕ 購入率(1%) ✕ 客単価(1000円)

1のように販売している商品の単価が高い場合は、購入率を上げる施策を取るのが良い

2のように販売している商品の単価が低い場合は、客単価を上げる

など、この数字から得られるヒントは多数あります。

 

開業のコツを掴めば、売れるネットショップが作れる

開業のコツを掴めば、売れるネットショップが作れる

今回の記事では、売れるネットショップを作るための開業のコツと、開業後の運営のコツを紹介しました。コツをつかめば、初めて開業する人でも売上をあげることができます。

大切なポイントは、ネットショップの明確なコンセプト作りと、決済や配送などのわかりやすい設定です。さらに分析に基づいた集客や施策で売上を伸ばしていきます。

MakeShop(メイクショップ)は、ネットショップ開業サービスです。蓄積した成功事例・データを元にECアドバイザーがショップ運営・集客を無料でアドバイス。

ご興味のある方はぜひ無料体験でお試しください。

タイトルとURLをコピーしました